動画ファンの集い

違法動画の線引きの難しさ

違法動画の線引きの難しさ

動画アップロードサイトの違法動画は、しばしば問題視されています。
違法動画がアップロードされるたびに著作権者が著作権侵害を申し立ててサイトから削除されることも多いですが、現実的には著作権者が削除の依頼を行わない限り、ほぼ黙認されていることも少なくないのです。
例えば大手の動画サイトでは、たくさんの動画が日々アップロードされています。
その中にはCDやDVDの音源や映像を丸ごと使っているものもありますが、その全てが削除されているわけではありません。
各音源の著作権者が削除依頼を出さない限り、基本的に動画サイト側もアップロードされた動画はそのままにしておきます。
ですが、そうなると利用者としても違法動画の線引きが難しくなってくるという側面があります。
著作権を侵害しているように思える動画でも、著作権者が黙認している場合はそのまま動画視聴を続けられます。
ですが、著作権者が著作権侵害を申し立てれば、その瞬間にそれは明確な違法動画になってしまいます。
現在は違法動画をダウンロードすることは禁止されています。
動画サイト上で視聴するだけなら違法にはなりませんが、違法となっている動画を見ているとなると何となく良い気分ではなくなってしまいます。
著作権者によって線引きが異なる違法動画ですから、より詳細な基準を設けた方が建設的と言えるかもしれません。