動画ファンの集い

プロレスと動画サイト

プロレスと動画サイト

プロレス団体と動画サイトは、ここ数年で一気に近づきました。
最初に舵を切ったのは業界の盟主、新日本プロレスでした。
地方大会の映像や選手の入場風景、記者会見の模様などを流すことを始めたのです。
それからというもの、新日本プロレスのYouTubeチャンネルは隆盛を極め、現在では次期シリーズの紹介動画、選手が行っているバラエティ番組の配信を無料で行い、記者会見をライブ中継するなどして、ファンの拡大を図るようになってきました。
この成功を受けて各団体も追従。
全日本プロレスやプロレスリング・ノアといったメジャー団体までもが動画チャンネルを開始しました。
プロレスと動画サイトは親和性が高く、ニコニコ動画ではニコプロチャンネルという専門チャンネルまで登場し、地方大会から女子プロレスまでを生中継するようにまでなり、ビッグマッチのときにはネットチケットを買って当日、高画質で生観戦するというスタイルまでになりました。
これは私が最も望んでいたことで、今までスカパーなどのケーブルテレビでしか見られなかったビッグマッチの生放送が自宅のパソコンで見られるという衝撃の時代となりました。
このスタイルがもっともっと長く続いて欲しいと思います。